賃貸物件の現状回復は業者に頼もう【メリットを詳しく解説】

記事一覧

賃貸退去時の必要事項

部屋

発つ鳥跡を濁さず

マンションやアパートなどの賃貸物件から退去する場合に必要となることの一つに現状回復があります。現状回復とは文字通り賃貸前の状態に復旧させることをいい、具体的には室内に設置した家具や家電の搬出などが該当します。住居として賃貸していた物件であればその程度の作業で済みますが、問題となるのはオフィスなどで室内を工事して間取りを変更していたり、様々な増改築を行っていたような場合です。理屈の上ではそのようなケースを現状回復するためには大規模な工事を行う必要がありますが、性急にそのような対応を行うことはお勧めではありません。もしかすると物件のオーナーが増改築された状態のまま引き続き使用することを希望する可能性があるためです。現状回復はあくまでも原則であり、当事者間で回復する必要はないということを合意するのは可能ですので、オーナーが認められば高額の費用をかけて復旧しなくても済むのです。従って、まずはオーナーに対してどの程度まで原状回復させることが必要と考えているのかを確認するというのがこの場合に必要となることとなります。もっとも、確認した結果、あくまでもオーナーが現状復帰を求めるのであればそれに応じなければなりません。そうなるといかにコストを掛けずに作業を行うかがポイントとなりますが、できれば複数のリフォーム業者から相見積を取得して価格交渉を行うことをお勧めします。業者にとって現状回復工事は重要な収益源ですので競争相手がいれば値下げしても契約を獲得しようとしてくるはずだからです。

Copyright© 2018 賃貸物件の現状回復は業者に頼もう【メリットを詳しく解説】 All Rights Reserved.