賃貸物件の現状回復は業者に頼もう【メリットを詳しく解説】

記事一覧

借りたときの状態に戻す

作業員

必要なこととは

現状回復とは、賃貸物件を借りたときの状態に戻すことをさします。といっても、経年劣化して変化する部分については借り主の責任で直す必要はないとされており、設置物の撤去などが主なものとなります。居住用の物件ならば、家具などを撤去し、ある程度掃除をしておけば問題ありません。畳を変えたり、壁紙を交換したりするのは借り主の義務とはいえないとされています。問題となるのはオフィスや店舗利用されている場合です。こうした物件の現状回復は大掛かりになることも多く、業者を利用しないと現状回復出来ないことが多いのです。そして現状回復には貸し主指定の工事業者を使わねばならないとなっていることがほとんどです。なぜこのようなルールとなっているのかというと、貸し主側としてはトラブルを避けて確実な現状回復をしてほしいからです。借り主としては工事費用を浮かせたいと思うのがふつうです。安さにこだわるあまり、質のよくない工事業者に現状回復を依頼し、適切に回復工事が行われなければ貸し主としても困ります。当然しっかりとした工事をするように注文を入れるでしょう。またその工事により必要ない部分まで手を入れられては取り返しのつかないことにもなりかねません。そういった事態をふせぐため、指定業者を使うようになっていることが多いのです。ただ、指定業者に見積もりを依頼すると、驚くほど高額になることも多いです。相場よりも高いことも多く、仲介手数料が加わっていることもあります。こうした費用を安くするには費用交渉を行ってくれる業者に依頼するのも手です。

Copyright© 2018 賃貸物件の現状回復は業者に頼もう【メリットを詳しく解説】 All Rights Reserved.